2007年05月15日

わきがの手術治療

わきが(ワキガ、多汗症)は他人からみればたいしたことないように思えますが、本人にとってはそれぞれ大なり小なり悩みがあるものです。ワキガ・多汗症で悩む方もかなりの人数でいることだと思います。

ワキガ・多汗症に悩む人にとって、当人にしてみれば、それは人生を左右するほどの大問題なのです。たかがワキガじゃないか?っておもうかもしれませんが、何とかならないものか、人は自分のことをどうおもっているんだろうと、真剣に悩んでいるのです。

臭いだけならいいのですが、単に汗やニオイといった症状だけにとどまらず、それが原因で二次的な障害を引き起こしてしまうことも少なくないのです。

私も自分の体臭が気になり、いつもまわりに迷惑をかけていないか、何も言わいけど、もしかしたら臭い奴、ワッキーなどといわれているのかもしれない。

いっつもこうした不安にさいなまれています。そして不安はやがて強いコンプレックスとなることもあります。

人づきあいにも消極的なのは、汗とニオイが壁となっているからなんです。
最近では、自信までも失ってしまい、悩むばかりの毎日を送るようになっています。同じ悩みを持った同士が必ずいるはずです。

たかがワキガじゃないんです。されどワキガなんです。

わきがの元はアポクリン汗腺という油や尿素を分泌する汗腺です。普通の汗腺はエクリン汗腺といい、ここから出る汗はほとんどが水分で、それ以外に塩分や尿素を含んでいます。

わきがの原因はアポクリン汗腺から出る分泌物を細菌が分解する際に深いな臭いが出るわけです。

ですから、わきがの治療にはこのアポクリン汗腺を除去する美容整形の施術をするのが一般的となっています。

しかし、ボトックスをワキに数カ所注入するだけのプチ整形も多汗症には効果的です。
今までは、多汗症やワキガも治療は施術だけでしたが、皮膚の浅い部分にボトックスを注入することで、汗腺の神経に働きかけ、汗の分泌を弱めることができます。

効果は4ヶ月程度ですが、ボトックスを注入するだけの処置ですので、すぐに帰ることもできますし、当日のシャワーも可能です。

ボトックス(botox)とはA型ボツリヌス毒素から抽出した成分でアメリカにあるアラガン社の登録商標薬剤のことです。

ボツリヌス毒素はその名の通り本来毒性の高いものなのですが、そこから毒素を抽出し美容治療に利用されています。基本的には神経毒素で、神経をマヒさせることで筋肉によりできるしわ(シワ、皺)を減らす効果があります。


ボトックス注射は、プチ整形で顔の表情ジワを取るのに有効とされる治療法として良く知られています。原理としてはボツリヌス菌を皮下に注射する事で、その部位の神経を麻痺させ、無駄な力や緊張によって深いシワが刻まれるのを緩和するというものです。


このボトックス注射ですが、実は局所的な多汗症の治療としても有効であることが分かっています。脇の下等にボトックスを注入して、汗腺をマヒさせ、発汗を抑えるやり方です。とはいえ、神経が麻痺してしまうのでその影響によって不便とならない腋の多汗症に対して行なわれることが多いようです。



話を戻しますが、私が、ワキの下のニオイを気にしはじめたのは高校2年生の時でした。

私は自分がワキガであることを知りませんでした。悩むなんて想像もしていなかったし、ニオイを気にすることもなどなかった。2年生の終わり頃から、自分の汗のニオイが気になるようになった。人とは違ったきつい臭いが気になりだした。

お風呂に入りきれいに洗ってもすぐにワキの下からはそのニオイがでてきます。
私はワキガなのじゃないかと疑り始めました。

学校に行くにもコロンなどを使って脇を締めて友達にバレないように必死で隠す努力をしました。雑誌やワキガ専門の本を買って読み、ワキガや体臭の記事などを神経質に読む毎日でした。ある日クラスメートの1人が、なんだか臭いね。と私を含め私のグループ5人のほうをみて言われたのでドキッとしてしまいました。

いつも一緒だった友達もなんだかそれ以来避けているような感じです。
思い切って父に相談し、手術費用を借りて手術をしました。
悩んでいるのがうそのように30分くらいでワキガの手術が終わり、それ以降は全く気にせづ普通に暮らせるようになりました。もっと早くして置けばよかったと思いました。


臭いはあなたの印象を決める大きな要素です
私たちは、毎日さまざまな臭いに囲まれて暮らしています。
料理の匂いやコーヒーの匂い、太陽の臭いどれもこれも、臭いは私たちの生活になじみ深いものです。

空気にも匂いがあり、熱気を含んだむせるような春から夏にかけての匂い。秋から冬への移り変わりの冷たく鮮烈な匂い。

臭いは女性たちにとっても、大事なおしゃれのポイントです。男性も香りを気にし、個性的なファッションに身を包み、さまざまな香水を使って女性もおしゃれを楽しんで
います。

フローラルで華やかな香り。野性的でセクシーな匂い。年輪の深みを感じさせる匂い。
それぞれのアナタに合った香りはアナタの個性を際だたせ、いっそう魅力的に演出してくれるものでしょう。

私たちの生活にはさまざまな臭いがあります。ワキガなど不快感を与えてしまう臭いもあれば、柑橘系などの爽快感を与える匂いもあります。

とはいえ、全てが素敵な「香り」ばかりではありません。そのひとつが、ワキガの臭いなのです。

ワキガの臭いは不思議なもので、同じ臭いでも人によって感じ方が大きく違います。
ある人にとっては耐え難い悪臭であっても、別の人にとってそれほどでもなく思えることがありますし、最初は「イヤな臭いだ」と思っていても、やがてそれが魅力的な臭いに変わっていくことも多いのです。


臭いのきついものですが、果物の王様と呼ばれるドリアンや、珍味として珍重されるトリュフ。どちらもワキガに負けないくらいの強い独特の臭いです。

そして、クサヤの干物。

初めてかいだときは絶えられませんでした。
ファッションやメイクと同じように自分だけの臭いを個性ととらえ、それをより魅力的に見せる工夫をします。

欧米では、自分の体臭を香水で覆い隠してしまうような使い方はせづ、むしろ自分の臭いを引き立て、より魅力的に演出してくれる香りをまとう方が多い。

日本の習慣にはない感覚が常識となっている欧米社会では、ワキガで悩む人はほとんどいないと言われています。

ワキガの治療のニーズは少なく、病院での治療にしても、臭いよりも多量の汗を抑えるのが目的なのです。

日本を含めた東洋人はもともと体臭が強くなく、ワキガ人口も少数派です。日本では人口全体の15%程度と推測されます。他人の体臭が気になるということはあまり感じられないために、ワキガの臭いはどうしてもその中で目立ってしまいます。

日本人はお湯につかり、体を洗い流す習價がありますから、体の臭いに対する意識があまりありない為、わずかな体臭でさえも鼻についてしまうのです。


同じワキガの臭いでも、欧米と日本では違います。
ワキガの悩みは、本人しかわからず、ワキガの人にとって日本という国はかなり住みにくいところのようです。

臭いそのものを嫌う傾向が強まり近頃では消臭指向が当たり前のような世の中です。こうなると、会社でも学校でも、何となくまわりから敬遠され、ワキガの臭いに対する風当たりは強くなるばかりです。本人にワキガであることを告げられることはほとんどありません。

どんなに強い臭いでも短時間のうちに慣れて、何も感じなくなってしまう。
人間の嗅覚はマヒし易い性質を持っているので、自分自身では自分のニオイがどんなものか、なかなか気づきません。

ワキガに自分で気づくことは非常に少ないのです。ワキガの臭いを発していてもです。
ワキガかもしれないと気づいたとしても、汗と臭いにおびえ悩んでしまうのです。
神経の休まる時がありません。自分自身ではわからないものだけに、不安を解消するすべがないのです。

臭いで嫌われたらどうしようと言う意識が常に働いてしまい、それがストレスとなって精神的にまいってしまうケースもあるようです。
ワキガの臭いがコンプレックスになり、失敗があれば消極的になりがちです。


ワキガに悩む女性の多くが、ファッションや遊びにも影響するでしょう。
タンクトップやキャミソールはもちろん、Tシャツさえも諦めねばならず、リフレッシュするための旅行でも旅行などでも、ワキガの臭いを気にすっるあまり気が休まりません。
悲しいことですが、何に対しても、汗とニオイがコンプレックスとなり、人目を避けるような毎日を過ごすことになってしまいます。

ワキガ・多汗症がもたらすこうした悩みや苦しみは、ワキガ・多汗症の人には深刻で切実なもので、ワキガでない人には想像もできない苦しみです。

ワキガ・多汗症の原因を治してしまえば、あなたの悩みはいっぺんに解決してしまうのです。ワキガ・多汗症や臭いに神経をすり減らすこともなく、着たいものを着て日常生活を楽しく過ごすことができます。

問題を克服することにより、前向きに考えられるようになり、気後れすることもなく積極的になれるはずです。

ワキガ・多汗症の悩みは深刻なものだからと、悩んでいるだけでは何も解決しません。それよりも、信頼できる専門医に相談し、解決を図るのが最善の方法です。
恐れることはありません。問題を解決し今よりも明るいあなたになってください。


臭うかもしれない症候群が急増している。
清潔指向、消臭指向の傾向は一段と強まっているように感じる。
消臭剤も、別の臭いで隠すためのものではなく、臭いのしない無臭性のものが売れているのである。

最近では便のにおいをなくするサプリメントまで出ています。消臭嗜好もここまで来たか、という感じですね。

コレはいち早く人と違った匂いに対して不安を感じる右えならへ的な日本人の性格を分析したメーカーの販売戦略・マーケティングと言えるかもしれません。タバコの臭い、ペットの臭い用の消臭剤も無臭性が多くを占めています。

無臭になれると、自分自身の体臭にも過敏に反応してしまう、臭うかもしれない症候群が増えてきたのは、消臭指向が加速してきたのも一因と言えます。

自分の身の回りの匂いを消すことにより、自分自身の体臭までもが気になるようになってしまった。
人間の嗅覚はマヒし易く、自分の臭いにはあまり気づきません。

臭うかもしれないと思うようになると、感じないはずの自分の体臭までも、過敏に気にしてしまうようになり、これらの行為を体臭恐怖症とも呼びます。体臭恐怖症は対人恐怖症の一種で、神経症に分類されます。ワキガ・多汗症である不安が対人恐怖症へと導いてしまうのです。


ワキガ・多汗症体質を見分けてみましょう。
ワキガと関わりの深い「アポクリン汗腺」は、ワキや耳の穴などにみられます。そのために、耳アカが湿っている場合、ワキガ・多汗症体質である可能性が高い。

毛深い人はアポクリン汗腺も多い。毛深いと汗や皮脂などの分泌物が毛根に残りやすい。ワキガ・多汗症体質の疑いがあります。

アポクリン汗腺は性ホルモンの刺激によって活発化するが、脂肪分を分泌する皮脂腺も、性ホルモンによって活動を始めるのです。皮脂腺とアポクリン汗腺は同じように活動しているため、ワキガ・多汗症体質の疑いがあります。

香辛料やスパイス料理が多く取り入れている場合、ワキガ・多汗症体質になりやすい。
ワキガと食生活は密接な関係があり、香辛料やスパイス料理は汗腺を剌激し、発汗を促すものが多いためです。

酒好きな人も要注意です。アルコールは汗腺を刺激する為です。
ストレスを溜め込みやすい人は、汗腺はストレスの影響を受けます。よって自覚症状がある方は注意です。

アポクリン汗腺や皮脂腺からの分泌物に含まれる色素が原因なのでワキの下に黄色い汗ジミが出来る場合は要注意です。足が臭い方も注意が必要です。エクリン汗腺は足の裏
にあり、臭い場合は、ワキガ・多汗症体質の疑いがあります。

 ワキガは体質は、遺伝します。両親にワキガがいると、かなりの確立でワキガ・多汗症体質の疑いがあります。


他人から体の臭いを指摘されたことがあると言う方も多いはず。
ワキガの臭いなのか汗くさいだけなのか、見きわめてみたい。

体臭は、髪の臭いや口臭、衣類にしみついた臭いもあり、ワキガだけではない。
毎日お風呂に入り完璧に体を洗っても清潔を心がけてもなお軽減されないような場合は、専門医に相談したほうが良いでしょう。

多汗症はともかく、ワキガは自分では気づきにくいものです。あなた自身が気づかないうちに、周囲の人々に不快な思いをさせている可能性もあります。また、自分の臭いに必要以上に過敏になってしまい臭うかもしれない症候群担っているかもしれません。

汗と臭いの悩みは本当に切実で、当人にしてみれば深刻そのものです。人前に出るのさえ嫌になり引きこもりになったり、コミュニケーションが上手く取れなくなったりしています。誰にも相談できずに1人で悩み続けている場合が多いようです。

1人で悩んでいても、答は出ません。ワキガ・多汗症の悩みがあるならば、そんな時こそ、専門の医師に相談してみましょう。

 あなたの臭いがワキガといえる重度のものなのか、それとも気にするほどのもので
はないのか、あなたの悩みを解決してくれるのはやはり専門の医師です。


ワキガ・多汗症については、いまだに多くの誤解が持たれているようです。

 こうした誤解の多くは治療効果に関するもの。たとえば、

ワキガは手術では治せない。治っても、やがて再発する。大きな傷跡が残る。後遺症が残る。そう誤解されている方も多いようです。

ワキガの治療は安全で、時間も20分程度で終わります。

治っても、やがて再発する。大きな傷跡が残る。後遺症が残るなどの現象はありません。

ワキガは手術で治せるのです。しまいには、ワキガは伝染すると思っている方もいるくらいです。病原菌などではないため伝染などするわけがありません。ただし、わきがの原因は細菌ですが。

また、脱毛すればワキガは治るとか、食事療法だけでワキガは治せるなどの間違った解釈もあります。

ワキガ・多汗症は、生命の危険に直結するものではないために、病気扱いされることも少なく、正しい情報が伝えられないようです。そのために、さまざまな誤解が生まれてしまうのでしょう。汗やニオイの悩みに苦しみ、「何とかしたい」とお考えならば、1人で悩まず本を読んだり、専門医に相談するほうがはるかに近道です。

まずあなた自身が、ワキガ・多汗症の正しい知識を知ることが必要です。

posted by わきがマン at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | わきが腋臭ワキガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。